Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)


2014年05月16日

建築家ピエール・シャローとガラスの家

名称: 建築家ピエール・シャローとガラスの家 展
会場: パナソニック 汐留ミュージアム
東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4F
JR 「新橋」駅より徒歩約8分、東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より
徒歩約6分、都営大江戸線「汐留」駅より徒歩約5分
会期: 2014年7月26日(土)〜2014年10月13日(月・祝)
主催: パナソニック 汐留ミュージアム/東京新聞/ポンピドゥー・センター、パリ国立近代美術館
協力: エールフランス航空
後援: 一般社団法人日本建築学会/公益社団法人日本建築家協会、
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本/公益財団法人日仏会館、
日仏会館フランス事務所/日仏工業技術会/港区教育委員会
休館日: 毎週水曜日、夏期休館8月11日(月)〜15日(金)
開館時間: 午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
入館料: 一般:800円 大学生:600円 中・高校生:200円 小学生以下:無料
65歳以上の方で年齢のわかるもの提示:700円
20名以上の団体:各100円引
障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで:無料
担当学芸員: 大村理恵子


詳しくはこちら→http://panasonic.co.jp/es/news/2014/1404/1404-01.html
posted by アオキ at 15:11| Comment(0) | 建築家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

LC7 回転チェア ル・コルビュジェ

LC7 回転チェア

1928年にデザインされ、1929年にパリの(サロン・ドートンヌ)に出展し、ル・コルビュジェの名を高めた家具のシリーズのひとつです。座の重量感を活かすよう、中心点に4本のスティールパイプの脚を調和させることにより、座の”水平”と脚の”垂直”の均衡のとれたコントラストが生まれています。更に、その接点にはチェアを回転させる機構を配しています。充分なボリュームを感じさせる背もたれが座り心地の好さを示しています。




ニューヨーク近代美術館(MoMA)公式ストア/ 6/17正午迄、3000円以上送料無料!LC7 回転チェア
(L...

posted by アオキ at 20:25| Comment(0) | 椅子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保坂猛建築都市設計事務所

2012年度のJIA新人賞は、保坂猛建築都市設計事務所の「Daylight House」(゚∀゚)b



【送料無料】住宅建築 2009年 04月号 [雑誌]
posted by アオキ at 15:19| Comment(0) | 設計事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

2013年04月19日

フィリップ・ スタルクの“ミス・シィシィー”テーブルランプ

比較的買い求めやすい値段なのでちょっと欲しいなと思った一品。

“ミス・シィシィー”テーブルランプ。ポリカーボネートで本体のほぼ全ての部分を仕上げられています。 、ベッドサイドに、リビングのポイントに、小さなあかりのオブジェとして等、色々なシーンに取り入れて頂けることでしょう。 ポリカーボネート(樹脂)製ながら、縫い目の演出やマットな質感で、素材の軽さを感じさせない独特の雰囲気を持っています。 デザイナーはフィリップ・スタルク。 彼ならではの鮮やかなカラー計5色が揃います。 ユーモアの詰まった、個性豊かな小さなライト。キャンドル代わりにお部屋を彩ることもできます。

デザイナーはフィリップ・ スタルク。この方、日本ではセブンイレブンの文房具も手がけているそうです。


posted by アオキ at 01:22| Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
建築好き(・∀・)」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。